商品の価値を高めるためのトータルブランディング

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

総製作費
環境条件
約200万円
●実施/2013年2月 ●案件/ニコベビー(神奈川県小田原市)
新築 ※建物工事は外部施工業者が担当
ログハウスを撤去し、1階に店舗+工房、2階はレンタルスペースとして利用できる新築2階建ての物件となりました。
赤ちゃんの抱っこスリングの専門店として、清潔感のあるホワイトと元気な赤ちゃんをイメージした鮮やかなピンクがイメージカラー。商品の価値を感じていただきつつ、よりインパクトのある外観を目指しました。
ログハウスの認知自体はありましたが、何のお店かという認知には至っておらず、店舗らしい印象が少く感じられていました。

ご相談

近隣に飲食店などができ始めたことによる売上の低下の改善、また経年の劣化などもこのタイミングでリニューアルしたいというご相談でした。

課題点

商品点数の増加に伴い、陳列スペースがとりにくく手狭になっていたこと。また工房が別室にあったため機能的な部分でも不便を感じられていました。
実行した解決策
店舗自体の建て替えを望まれていたため、あわせてブランドイメージを確立し、商品価値を高めるための戦略も行いました。

コンセプト

お客様となる「若いご夫婦をあたたかく迎えられる印象」がコンセプト。またすでにファンの多い商品の価値をより高められるよう、一定の上質感も与えられる印象を心がけました。

ロゴ

「ほがらかに楽しく」をテーマに、ワクワクとした期待感を三角帽で表現した赤ちゃんのマーク。斜めのストライプは店舗が成長する将来性をイメージし、リボン飾りは創業者ご夫婦の頭文字をあしらっています。
ポストカード
ロゴをあしらったポストカードと封筒。お祝いに使われる方も多いため、誰かにおしえてみたくなるようなツールを目指しました。

ロゴ

「ほがらかに楽しく」をテーマに、ワクワクとした期待感を三角帽で表現した赤ちゃんのマーク。斜めのストライプは店舗が成長する将来性をイメージし、リボン飾りは創業者ご夫婦の頭文字をあしらっています。
ポストカード
ロゴをあしらったポストカードと封筒。お祝いに使われる方も多いため、誰かにおしえてみたくなるようなツールを目指しました。
交通量が多く建物が並ぶ国道沿いの立地のため、看板が見える時間は一瞬。従来のものは色味的にややおとなしく業種がイメージしにくい印象がありました。そこで店舗リニューアルに合わせ、イメージカラーのピンクを大胆に使用し赤ちゃんの写真をレイアウトしたものに変更。「ピンク色と赤ちゃん」という瞬間的なインパクトから店舗認知が高まりました。
様々なものを自分たちで作れてしまうフットワークは魅力でしたが、装飾や案内などの表示ルールがまちまちになり、煩雑な印象のあった店内。リニューアル後はレジカウンター上にロゴをあしらったアクセントフードを設け、案内などの表示スペースも決められた場所を確保し、イメージのブレをなくす工夫を施しました。
新店舗開店からリニューアルから約3年、2階を商品のレクチャーのために利用したいというご相談から新たに部分改装を実施。北欧風のテイストでカウンターにアクセントを施しました。枝付きの丸太を固定し、季節ごとの飾り付けができる楽しいコーナーに仕上がりました。

その後

その後も商品の価値を感じていただいているお客様が大きく増加。テレビや雑誌などのメディア露出の機会も増えています。

その他の実績

RSS

ページトップ