国道沿いの視認性を活かし、統一感ある誘導看板を設置

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

総製作費
環境条件
約400万円
●実施/2013年12月 ●案件/太閤(神奈川県小田原市)
店舗改装
店舗部分を濃茶の板張りにし、入口にインパクトとボリューム感をつけました。
通り沿いの大きな看板とデザインを統一し、目線の流れを誘導する狙いです。
建物の印象が弱く、店舗のイメージが薄い以前の店舗ファサード。

ご相談

国道沿いの立地の為、周辺に大きな看板が増えてきて、店が目立たなくなってしまったとのご相談です。

コンセプト

看板や店舗入口にボリュームを出し、視認性を上げる。

課題点

観光地箱根の入口にある、国道沿いの和食処。周辺に店舗が増えたことや大きな看板が並んでいることから、視認性が弱まっていると感じました。
実行した解決策
大きな看板と3階建ての建物は、ボリュームの割りに印象が薄いため、外観・看板のリニューアルを行うことに。

メニュー

売り商品を絞り、写真の大きさを差別化するなど明確にまとめました。
英語メニュー
立地的にインバウンドを見込み、英語のメニューを作成しました。

ツール

ショップカードやリーフレットを作成し、協力店や観光案内所に設置いただきます。
WEBサイト
最小限の必要な情報を掲載した、簡易ホームページです。
通りの既存看板をリニューアル。店舗デザインと統一して、看板~店舗をひと固まりのイメージに印象付けます。

その後

車からの視認性が向上し、観光のお客様も入りやすくなりました。合わせて駐車場裏口に設置したサイン看板も有効です。

その他の実績

RSS

ページトップ