理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。 黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100% 平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月 選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席→22議席 戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

アタカプランニングの強み

 

損をしない売上アップ

「売上が落ちた」「お客さんを呼びたい」、
こんな漠然とした問題を解決するのが得意です

例えば集客。新規のお客様の獲得で伸び悩んでいる場合。
ご相談状況を把握するため、お店を拝見させていただきます。近場であれば直接、遠方であればメールやSNSをつかって現地写真や動画を見せて頂きます。

そして、この段階で売れなくなった理由が「ある程度」わかってしまいます。

他社で作ってもらったWEBやパンフレットで、目標が達せられなかった場合も同様に、原因はその中に含まれているものです。これは過去数百件の実績で得たノウハウによるアタカプランニング独自の調査方法で明らかになります。
現在の問題の原因を知っていただくだけでも、今後の方針が立てやすくなります。ご相談で良いきっかけにしていただければ幸いです。
 

売上アップだけじゃない戦略デザインのチカラ

弊社は主に戦略デザインによる事業魅力のコントロールで、集客・販売促進を可能にし、ほぼ100%売上アップする環境を提供できます。

ですが、課題解決はそれだけじゃありません。

戦略デザインの作用とは、普通に生活している人々(モノを言わない大多数派=Silent Majority)に訴求する事で得られるものです。

ですので、いとも簡単に新規客を掴み、値上げても文句を言われない環境を構築できます。

それは対象であるサイレントマジョリティが事業を認識し利用価値を認めるからに他なりません。

この戦略デザインは小売店だけでなく、BtoBや大企業の戦略にも利用できます。
成功するイベントの環境構築、選挙戦略、大企業のイメージ戦略など、様々なケースで応用できます。
実際、上場企業のWEB構築や国政選挙の当選者増大など、小規模事業以外の何百万人も動かすプロジェクトにも応用し、求める以上の効果を出しています。

さて、話を売上に戻します。

今の売上、限界ですか?
事業は魅力を上げると利用者が増えます。あなたの事業魅力はまだまだ向上する筈です。
同じ立地条件でも、通行人がお店に入る確率が上がればそれに比例して売上が上がります。

アタカはそんな事業魅力の作用を研究し、新しい事業改善ノウハウを蓄積しています。

相談者の8割以上は改善可能

ご相談を受け、実際に事業を見させてもらうと、8割以上の事業が改善によってパフォーマンスを大きく向上させる事が解ります。
改善に必要な要素をいくつか上げます。
①経営者の気力と肯定的な考え方
 まず、最も重要な事。それは経営者の気力・体力と素直さです。
 気力が無い・体が弱い・否定的で暗い…上手くいくものもダメになります。
②顧客主義の理解
 弊社は完全な顧客主義で戦略デザインを提供します。
 顧客とは改善対象事業がターゲットする顧客(消費者・取引先)です。
 経営者の主観・思い込み・個人的感性が入ると思うような結果が得られません。
 事業は経営者のものではなくターゲット顧客のものとして構築します。
③商品力・設備環境
 商品さえ良ければ必ず売れる!…売れません。売れてません。
 だから、アタカはターゲット顧客が良い商品に行き着くように環境を整えています。
 ですが、せっかく行き着いた商品が悪ければリピートしません。
 商品の良さ、商品の改善が見込まれる状況。
 新たな商品を生み出せる設備環境が存在する事はとても重要です。
④立地条件
 立地条件はとても重要です。
 良い商品があり、大きく事業を伸ばしたいなら気にするところです。
 ですが、現状の場所でも最終利益が見込めるなら、無理に動くことはありません。
 事業を改善するのはコストパフォーマンスが良いです。今ある環境を最大限利用できますから。
 ですが、場所を変えて1から作り直すのはコストのかかる事です。
 立地を変える場合は、それが売上に影響するかどうかを考えながら、慎重に行きましょう。
⑤改善に必要な資金(自己資金・融資)
 戦略デザイン・黒字化計画で、コストパフォーマンスを求めると、通常の広告戦略の数倍の費用がかかります。どんなに将来性が見込めても、これで怯んでしまう経営者が多いです。
 お客様を増やすには、認知と事業イメージが重要です。この為に必要なアクションは「認知し易くなる総体的なデザイン=事業デザイン」・「認知を促すアクション(WEB・チラシ広告・情報誌への掲載・プレスリリースなど)」・「お店なら店舗外観・看板、事業間取引なら事業自体のイメージ(CI=事業概念の完成度・VI=視覚概念の完成度)」が影響します。
 客単価・粗利益を高める(付加価値向上・ブランディング)なら「店舗では内装・BGMなど空間の演出、事業間取引なら営業ツール(パンフ・カタログ)のクオリティ」・「商品の魅力(パッケージ・ネーミング・タグやポスターなどの紹介ツール)のクオリティ」が求められます。
 リピートを増やすなら「商品自体の質」「スタッフのクロージング(接客)」が評価されます。
 どれか一つ欠けても売上アップには繋がりません。過去、多くの経営者が捨金販促をした苦い経験がある原因が総合的でなかったからです。
 どんなに良い商品があっても、事業に魅力・認知度が無ければそもそも利用しません。魅力が上がり多くの人が利用しても付加価値が無ければ安くしか利用できません。クロージングが悪ければリピートしません。
 現事業の成長余力を正しく調査し、マイナス要因を全て撤去し、更に強いプラス要因を付ける作業を一度に行うから「凄い結果」がでるのです。それらの良し悪しを判定する評価基準は、経営者の自己満足ではなく顧客の目線である事も忘れてはなりません。
 200万円かかるかもしれません。1000万円かかるかもしれません。その費用は、改善対象の状況と、見込める利益から算出されます。凡そは2-3年以内に回収し、その後は大きな利益を残す行動です。

 まずは、あなたの事業に、どんな成長余力があるか、調べてみませんか?

黒字化計画のハードル

 10の相談があり、8の可能性を見つけますが、改善依頼は2-3になるという現象が出ます。
 原因があります。
 それは確実性とコストです。
 多くの経営者は過去の実体験から販促や改善は捨て金という意識があります。
 一般的な販促成功率は10%、しかも短期で元に戻ります。
 非常にコストパフォーマンスの悪い行動でした。
 多くの失敗経験。だから、確実性で二の足を踏むのです。
 ですがアタカの目標数値達成率は97.5%、弊社提案を100%受け入れて頂き、経営者のすべきアクションが備われば、100%の成功率です。
 確実性の次にコスト(投資額)の問題です。
 アタカは戦略デザインだけでそこそこのコストをかけます。過去の日本の商慣習にはなじまない部分です。ですが海外なら当たり前の事です。プロを動かすのですからそれなりのコストはかかります。
 だから多くの実績を公表しています。幾ら投じて幾らの利益になるか…。
 そう考えると戦略デザインの費用は高いものではありません。
 また、融資利用を極端に嫌う経営者も多くいます。
 お金を生み出さないモノに対する融資は受けるべきではありません。返済の根拠とならないですから。
 借入もないけど自己資金も無い。事業成績が悪い。よく考えてください。ノーアクションならやがて廃業になります。
 銀行は生み出すものには融資します。政府系金融機関も資金支援を積極的にしています。
 現在の環境を利用して、マイナスの日々をプラスへ改善する。とても大事な事だと思います。

目標数値達成率100%。
弊社において、戦略デザインを駆使した集客・販売促進・売上アップは「ギャンブル」ではなく、「必ず辿り着く到達地点」です。
数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善258案件 目標数値到達95%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗32戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

新着コンテンツ

実績紹介

サービスカテゴリ

ページトップ