ブランディング

事業の大小を問わず、
事業の価値を表現するブランディング。
使わない手はありません。

読み込み中.....

そもそも

ブランディングってなんでしょう?

そもそもブランディングとは。
ブランディング自体、「事業」「商品・サービス」「人」など施すカタチは様々。ですからいろいろな定義や表現の違いもある言葉ですが、ざっくり説明するとすれば、「価値を高めること・価値を表現すること」ではないでしょうか。

そして大切なことは「誰に対してのブランディングなのか」、すなわち「ブランディングのターゲット」を明確にすることです。

ブランディングのカタチ

事業や店舗のブランディングとは

つまり会社やお店そのものの価値を高めるためにブランディングを行うということ。
わかり易い例で言えば「ロゴデザイン」「キャッチコピー」「コーポレートカラー」などの制定です。
飲食店であればこれらを確立し、他店との差別化が表現され、価値を感じていただけた人がファンになります。事業所でも基本は同じですが、例えば社章やカーマーキングを見て誰もがイメージできる印象が高まれば、その事業を選んだ人はステータスを感じることができます。この考えは昨今話題に挙がる雇用確保の考えにもマッチングしています。

また名刺や封筒、パンフレットなどのツールも、事業の価値を高める「ブランディング戦略」に重要な要素となります。

ブランディングのカタチ

商品やサービスのブランディングとは

商品やサービスのブランディング。一番わかり易い例は商品パッケージでしょう。自慢の商品を手にとっていただくためにその価値を表現するわけです。
またイメージが確立していれば、売り場で迷わずに手にとっていただく機会が高まります(リピート)。
 

ブランディングのカタチ

人物のブランディングとは

服装・所作・話し方など、人物においてもブランディングを当てはめることができます。
ホテルのフロントスタッフや外車販売のセールススタッフには、身だしなみや所作など上質な印象がサービスの価値を高めます。
また逆に素朴で親しみやすい雰囲気のお店であれば、話しかけやすいスタッフやイメージにあわせたユニフォームを揃えて演出をすることで、違和感がなくなり空間に没頭していただくことができます。

ブランディングの例

ブランディングは野球でいえば監督。

ブランディングは野球で言う監督…ブランディングってある種、野球で言う「監督」なのでは?と、ふと考えてしまいます。
選手やコーチ(商品やサービス)、試合スタイル(会社方針)は監督(ブランディング)がいなければバラバラになってしまいます。

とある事業様では正に、この「監督不在の状態」でご相談をいただきました。
様々な商品や印刷物などを、その都度製作をしていたこともあり、印象や説明文などがバラバラで「商品の良さ」が伝わっていませんでした。
多くのツールがある状態からブランディングを進めるには、様々な労力がありますが、今後の展開を考えれば指針となるブランディングは必要です。
例えばブランディングによって生まれた「ロゴ」「コーポレートカラー」「キャッチコピー」。何か新しい商品を販売する時、1から考えることなく、これらルールを使用すれば労力は大きく軽減します。なにより今後制作するものがこれらブランディングによるルールにしたがって作られれば、イメージの訴求が高まり、対外的な印象度合いが増していきます。
事実、こちらの事業様でも商品が認知され始め、販売機会がアップしています。

ブランディングは野球で言う監督…あれ、逆にわかりにくくなっちゃいましたか?

ブランディングの例

ターゲットを決めることがブランディングの第一歩

例えばこんな事例があります。
とある新規のお客様から「売上が伸び悩んでいる」とお電話をいただき、お打ち合わせをすることになりました。
製造する商品はオリジナルのもので、いずれも特徴があり価値の感じられるもの、ただそれらを紹介するパンフレットが社内で制作した手折りのもの、またパッケージも商品の価値が十分に表現されていないものでした。
そして、商品は他社と比較をしてもやや高級なもの…といえば伸び悩んでいる原因はもうおわかりでしょうか。

そうです、まさにブランディングの欠如が明らかで、商品の価値が高級な商品にみあっておらず、手にとっていただく機会を減らしてしまっていたのです。
もちろん手製のパンフレットが悪いわけではありません。例えば「定食屋さんの今日のおすすめメニュー」。これなら素朴さ、真摯さ、新鮮さなどが伝わりそうですよね。商品にみあっていれば立派なツールになりえるのです。
しかし、高級な商品を売る商売では、逆にお客様に不安感を与えてしまう恐れがあります。
家を建てる時、車を買う時、手渡されたツールをイメージいただければ、すぐおわかりいただけると思います。

その後、こちらのお客様はすぐにブランディングの重要性をご理解いただき、無理のない範囲でツールを製作。徐々に認知が高まり、今では販路も拡大しつつあります。

サービスメニュー

 

新着コンテンツ

 

実績紹介

 

ページトップ