CONVENIENCE

セブンやファミマじゃないよ
利便性
どれだけ使い易いかってこと

使われやすい環境の実現

調査>利便性

事業調査には、財務・成長余力に加え、利便性の評価というものがあります。利便性とはお客様が便利と感じる事業環境を言います。

・駅に近く繁華街にある
・高額所得所が周辺に多い
・郊外にあるが幹道に面している。
・郊外にあるが充分な駐車場がある。
・収容客数が大きい。
・年中無休や長時間営業である。
6分野の事業魅力を平面の力とすると、これら利便性は高さとなり、売上自体の体積として表せます。余りに立地が悪ければ移動しなければならない事業もあります。改善するには大きなコストがかかるものですが、戦略で必要と考えられれば、利便性の改善もあり得ます。


 
数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

新着コンテンツ

実績紹介

サービスカテゴリ

ページトップ