4. 利益構造作成
黒字化計画コーディネーター

財務(ACCOUNT)

難しい事はしません。売上アップ改善するのに「いくら必要か?」「いつまでに回収できるか?」この二つを明確にします。

過去三年間の財務諸表から

改善予算を求める

売上アップ改善を行う場合、どのくらいの改善予算が取れるか?、そして、改善費用の償却を含めた損益分岐を把握して目標数値を出すために、事業の財務を把握する必要があります。

必要な資料は、直近(基本は三年間)の貸借対照表と損益計算書です。コストカット目的ではなく、飽くまで原価と販管費のバランスを見る為です。特に問題が無ければ、総売上金額・平均原価率・純利益額の3つが解ればOKです。

キャッシュフローが解ると未来が見える

現実性の高い収支計画

収支計画
およそ改善に必要な費用の捻出方法(自己資金・借り入れ・資金調達)と償却手段を加味した損益分岐を設定。成長余力調査から求められる改善到達目標から得られる売上・利益、変動する経費を算出し、収支計画(1年または2年)を作成します。この収支計画からキャッシュフローが予想でき、初期予算としていくら必要かを把握することができます。

売上予想は改善計画と連動し。根拠あるものとする事により、資金調達の資料として利用できます。
過去、起業・事業改善で金融機関の借入が必要になったとき、この収支計画書が大きな働きを見せました。

 
数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

新着コンテンツ

実績紹介

サービスカテゴリ

ページトップ