医業の黒字化計画

医業の黒字化計画

医業経営の本当の課題
売上アップのポイント
 

旧態医業経営の現状

時代に対応出来ていない

美容外科等のCMが目に付く裏側で、アピールが少ない医業の衰退が目立っています。
腕が良ければ需要がある?今はそうでもありません。
患者さんをお客様とみる医業が伸びています。
清潔感、真新しさ、接客態度、これはもうすでにサービス業と同じ事業環境にあります。
 

先生の満足より患者の満足度

需要過多の時代に満足いく医療を施すために

良い医療機関に共通していることは清潔感。高級ホテルのような作り。きめ細かい接客サービスです。
医療技術の評価はそのハードルの向こう側にあります。残念ながらそれが現実です。
患者さんはよりしっかりとしたルールのある施設を選びます。
そのルールには無意識にデザインも含まれています。印象・イメージの戦略です。
それら戦略は先生の個人的な嗜好ではいけません。対象の患者さんが感じる良い印象・良いイメージが無ければなりません。
医業もデザインで患者さんの数をコントロールできるのです。

まずは知られる事

知られていなければ無いも同じ

知られるためには積極的なマーケティングが必要になります。
マーケティングとは未知の患者さんとの言葉を交わさないコミュニケーションです。
そのツールは、WEB(SNS)・看板・広告です。
印象の良いマーケティングを実行し、利用したい気持ちを広げる事が第一です。

医業のチェックポイント

出来る事はやりましょう

□ デザインは良いですか?(患者さんから見てですよ)
□ 認知広告活動はしていますか?(年々認知度が下がります)
□ WEBはありますか?古くないですか?
□ パンフレットはありますか?
□ 看板は綺麗ですか? デザインは良いですか?
□ 院内は綺麗ですか? ソファーは綺麗ですか?
□ 患者さんが長居する待合が狭すぎませんか?
□ スタッフの対応は親切ですか?
□ ユニフォームは揃っていますか?
良いイメージが多くの利用者を生みます。あらゆるイメージ戦略を仕掛けましょう。


 

職業別一覧

以下のコンテンツから選択してください

黒字化計画コンテンツ

以下のカテゴリから選択してください

新着コンテンツ

以下のコンテンツから選択してください

実績紹介

以下のコンテンツから選択してください

ページトップ