飲食店の黒字化計画

工場経営の黒字化計画

工場経営の本当の課題
売上アップのポイント
 

工場経営の現状

時代に対応出来ていない

今まで様々な商品のパーツを作ってきた工場。独自の商品展開をしようにも、パーツだけでは何ともしようがありません。
昭和から続くパーツ工場→組立工場→商社→問屋→販売店→顧客のルートも弱体化しています。
例えば、農家が生産→農協→市場→問屋→八百屋から、生産→契約大手スーパーや、生産→大手食品加工工場などへダイレクトに納品されるようになったのも、時代の変化によるものです。また、最近では農家→顧客へダイレクトにインターネット通販が行われたり、農家レストランを直営したりと流通の根幹が変化しています。
工場経営も、取引先に頼る姿勢から、自ら商品開発・市場開拓を実行し、他に頼らないで売上を上げる方向にシフトすべきです。
 

パーツ生産から商品生産へ

今の設備で何ができるか?

今まで元受けに言われるまま設備を整えパーツを生産してきた経営者に、いきなり自社商品を開発してくださいというのは余りにも乱暴な事だと思います。
しかし、それをしなければ先が拓けません。時代はどんどん進んでいます。時代遅れの業態は需要を減らし続けています。何かしらの大胆な改革をしなければ何も変わりません。
今の生産品しか作れない訳じゃありませんよね。昔は何でも作れたはずです。それが何十年、単一商品しか受注されなくなって、ものづくりの気概を忘れているのではないですか?
課題は、今の設備で何が作れるか?です。プラスチック加工?金属加工?大きさはどうでしょうか?その大きさ、素材で、消費者が欲しがるものが必ずあるはずです。
諦めるだけのチャレンジをしましたか?まだまだ諦めてはいけません。
成功の要諦は成功するまで諦めないところにあります。沢山の失敗を積み重ねてその先に成功があるんです。

 

まずは商品を開発しましょう

何を求められているのか?

マーケットを知らないから商品開発が出来ない?
なら、マーケットを知っている専門家を使いましょう。
商工会議所に相談しましょう。専門家を派遣してもらいましょう。
商工会議所があてにならないなら、自分で専門家を探してください。
専門家が的を得ないなら、的を得ないと派遣元にクレームを出してください。
確かに使えない自称専門家が沢山います。何も結果を出さないのに派遣料だけ公的資金から貪る者もいます。
当たりが出るまで喰らいついてください。
それでもだめなら有償ですがアタカに依頼してください。
売れる商品を作りましょう。現場を見れば何が作れるか?広い視野でみる事が出来ます。
販路も一から作りましょう。ITを駆使して、多くの末端顧客に訴えましょう。
まだ間に合います。ご相談ください。
 

職業別一覧

以下のコンテンツから選択してください

黒字化計画コンテンツ

以下のカテゴリから選択してください

新着コンテンツ

以下のコンテンツから選択してください

実績紹介

以下のコンテンツから選択してください

ページトップ