黒字化計画

魅力のある事業は人を惹きつける

事業の魅力向上による事業改善

流行っている事業は魅力的です。逆に衰えている事業は魅力がありません。この場合の「魅力」とは、商品の魅力ではありません。事業が持つ「魅力」です。事業を利用したこともない人に、利用の魅力を抱かせるのが「事業魅力」。良い広告やブランディングで実現できるものです。
「事業魅力」が強ければ、多くの人に利用されます。「事業魅力」が無かったり弱かったりすると、事業自体に何も期待されません。つまり、存在しないも同じ状態になります。

不景気が継続し、多くの指導者はコストカットを求めます。しかしそれは、付加価値の高い大企業(コストカット余地が多い)か、すぐに景気が回復する事が前提の手法。
小さな事業所がコストカットを実行して景気が回復しなければ、その事業は消滅します。その結果、この15年で日本全体の事業所数は800万事業所から300万事業所へ激減しました。

不景気が継続する場合の事業改善手法は、事業に魅力をつける以外にありません。事業への吸引力を強化し、より多くの人に消費を楽しんでもらうのが一番です。買い物が楽しく成れば消費力が上がり、景気も回復します。

 

効果のない従来の経営支援とは根本的に違います

+ STRATEGY DESIGN

まずは事業の到達目標(例えば売上目標)を数案設定し、経費や減価などを考慮して戦略と改善に必要な予算を段階的に算出。
次に顧客目線で事業を観察し、足りない部分、伸ばすべき部分、消すべき部分を明確化して、事業の成長余地を測る「成長余力調査」。
現在地点からどのあたりまで改善するかを予算と照らし合わせ、改善計画と収支計画を作成。

その二つの調査結果に合わせ、利便性の評価を参考に、売上を伴い且つ経営に無理のない投資改善を探る「戦略デザイン」を策定。

事業を、ターゲット顧客にとっての「本来の姿」に改善することで、利用を増やし、付加価値を高め、売上と利益を向上させる、画期的な事業改善です。

経営者の価値観と顧客の価値観は違う

「真の顧客主義」を実現する

従来のコンサルティング(左脳)の無駄を省き、戦略デザイン(右脳)をプラスした、新しいマーケットを生き抜く事業を作る「新しい事業支援サービス」です。また、売上の維持や更なる展開を目的とした「伴走型コンサルティング」サービスも提供します。

但し、100%の成功率は、弊社戦略を100%受け入れて頂いた場合に限ります。
過去に数案件、実行段階において重篤な提案を受け入れてもらえず、目標到達に至らなかった案件が2.5%ほど存在します。
そもそも無理な戦略提案はしておりません。経営者様の胸先三寸でその後の結果は決まります。


黒字化計画の内容は黒字化計画メニューをご覧ください。

現在の成功率97.5%。成功しない2.5%の理由

100%成功するために

100%の成功率は、弊社戦略を100%受け入れて頂いた場合に限ります。
過去に数案件、実行段階において重篤な提案を受け入れてもらえず、目標到達に至らなかった案件が2.5%ほど存在します。
そもそも無理な戦略提案はしておりません。経営者様の胸先三寸でその後の結果は決まります。


黒字化計画の内容は下記黒字化計画コンテンツをご覧ください。


 

黒字化計画コンテンツ

以下のカテゴリから選択してください

新着コンテンツ

以下のカテゴリから選択してください

ページトップ