VALUE UP

儲からない価格はやめましょう
事業が成り立つプライス
それが出来る環境を作りましょう

怖くてできない

値上げの手段

モノの価格はどうやって決めるの?

カップヌードルは安売りスーパーで118円だけど、コンビニだと138円、高級食料品店だと定価の160円で売っている。同じ商品なのにこの違いは何だろう?それは事業の持つ付加価値。

安売りスーパーはレジが混んでいる。袋詰めも自分でする。ブランドが無い。駐車場も入れない時がある。安売りにコダワル人が買う場所。
コンビニは「ついでに」買う場所。安さを狙っているのではない。面倒くさがりな人が買う場所。

高級スーパーへ買い物に行く人は所得の高い人。

つまり、客層に合わせた価格になっている。

居酒屋で原価率の高さに悩んでいるのは、客層が安いから。高い客を狙うなら、まず、清潔にすること。

トイレを妥協なく綺麗にすること。
座り心地の良い椅子にすること。
清潔でマナーの良いスタッフをそろえる事。
綺麗で写真の豊富なメニューを作る事。

事業全体にブランドを感じさせる事。

そうすれば客単価が上がる。というより、高い客層に入れ替わる。

値段を上げる事だけを考えても無駄。事業を正しくブラッシュアップすれば価格は上げられる。

 
数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

新着コンテンツ

実績紹介

サービスカテゴリ

ページトップ