売上を上げたい いつも思っている事だけど声に出してみた
弊社の提案を100%受け入れて頂いた場合の現在の成功率は100%です。しかし、現在の成功率は97.5%であり、2.5%の未達成が存在します。未達の原因は何か?を皆様に公開します。

未達の原因その1

事業改善の順番

改善相談を受けるとアタカはまず調査をして確実な改善策をご提案しています。
勿論、ご依頼事業の宝は確認していますので、改善策は確実な内容です。
しかし、改善項目の多さや事業規模で、改善予算が大きくなり相談時の予定額を上回る場合もしばしばあります。
その場合は、段階的な改善をお勧めしますが、その「段階的」なところで誤解が生じるケースがありました。

弊社が最も大事にするのは、お客様が事業を利用する「順番」です。
その順を追ってご提案していますので、順番を間違えたり省いたりすると効果は期待できません。

①まず全体の戦略を構築し、それを叶えるデザインを策定します。これは「デザイン」という既成概念が浸透していますので問題無く受け入れられます。
②次にお客様が事業を知るという「認知の魅力」を構築します。SNS・WEB・広告活動等です。これは外向きの魅力要素です。
③同じく外向きの魅力要素である看板や店舗外観など、「事業の魅力」を構築します。
その後、④事業内部の魅力、⑤商品・サービスの魅力、⑥人(経営者・スタッフ)の魅力へと繋げて完結します。

ご予算が無い場合、後回しにして良いのは④~⑥の部分ですが、依頼者側は②③を後回しにしようとします。

事業で大切なことは、何をおいても、まず「需要」を作る事です。
お客様に知られる事、場所や利用手段を認識して貰う事。これは外向きの魅力で具現化します。

しかし、一部の経営者様は自分の目に入る場所、つまり「事業の内側」を優先しようとします。

事業の内側は確かに、事業付加価値を高めて商品やサービスの価格を上げ、粗利益増を叶える要素です。
が、そもそもお客様が入らなければ、利用して頂けなければ、どんなに良い商品も売れません。

なので、省いて後に回しても良いのは主に内側の部分です。

外側の魅力を高め、お客様が入り、売上が上がり、一時的には事業資金も余裕ができます。
余裕が出来たら速やかに「付加価値」を高める為に省いた事業内部の魅力や商品・サービスの魅力にとりかかります。が、ここはそれほど予算はかかりません。

数年前にこのような経験をしており、それ以後は順番を守るようにお願いしております。それでも明らかに効果が認められない改善を求められた場合は契約前にお断りする方針に変更しました。
数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

新着コンテンツ

実績紹介

サービスカテゴリ

ページトップ