売上アップの実績が豊富なアタカプランニングのロゴ。実は創業当時の名称の亜の文字から生まれています。その変化をご覧ください。

アタカのロゴは何故今のカタチなの?

創業時の想いを忘れないようにです

アタカのロゴの成り立ち
現在のアタカプランニングのロゴは、創業時の有限会社亜多加という法人名から「亜」の文字をフィーチャリングして作りました。
以前は右方向に傾かせていましたが、2010年から真っ直ぐに直しました。
亜という文字は「従う」という意味があります。亜硫酸は硫酸のセカンドラベルのような意味です。
アタカプランニング株式会社は、顧客事業所に従い、その最もたる目的=売上アップ・利益率アップ・新規客アップを叶える「軍師」として従います。
亜多加の意味は、(クライアントに)従い、多く(の武器を)加える(提供する)という意味です。
アタカのロゴの成り立ち
亜の文字の左側寄りに円形を重ねます。
そこから亜の文字を刳り抜きます。
残った図形を整えると、今のロゴが出来上がります。

ロゴは格好が良ければ良いのではありません。
一つに、顧客の印象に残る事。
一つに、社員のモティベーションを高める事。
そして、その生成の過程に、事業が持つ様々な要素を加え込みます。
ロゴに命を吹き込む作業ですね。

黒字化のヒント

見たい職業はリクエスト下さい

新着コンテンツ

以下のコンテンツから選択してください

実績紹介

以下のコンテンツから選択してください

ページトップ