アタカBOSS古河の心の叫び!

売上を諦めるな!

アタカのBOSS 古河正己
事業の売上、今が限界ですか?
きっとそんなことありません。アタカに調べさせてください。
大きな成長余力がある筈です。

あなたの事業はお客さんの役に立ってますか?
立っているなら、世の中のためにもっともっと利用されましょう。
立ってないなら役立つ事業に変えましょう。

成功の反対は失敗ではありませんよ。
失敗は良いんです。確実な成長に失敗は重要なファクターですから。
成功の反対は「諦めること」です。

もう少しで到達するのに、
もう少しでブレイクするのに、
日の目を見ないうちに、確かめ切らないうちに、
諦めてどうするんですか?

あなたは、あなたの事業のプロフェッショナルです。
ですが、マーケティングのプロじゃありません。
事業改善のプロじゃありません。
成功率を極めて高める手段があるんです。
それは、アタカというプロフェッショナルが叶えます。

極めて高い改善支援成功率(90%以上)。
幅広いジャンルにわたる経験値。
経営者に損をさせない信念。


大丈夫。アタカはあなたの味方です。

知ってほしい

BOSSの仕組み

BOSSの仕組み
アタカプランニング株式会社 代表取締役
一般社団法人 全国相続・事業承継総合支援センター 副代表
きみつの未来活力支援センター 副センター長
箱根町まちづくりアドバイザー
神奈川県商工会連合会認定 小規模事業改善アドバイザー
中小企業庁認定 ミラサポ専門家
日本ソフトパワー研究会 次席研究員

アタカプランニング株式会社

CEOメッセージ

私は長年、右脳の能力(魅力想像の力)を最大限に活用することを研究開発し続け、ついにこの不景気市場下でも100%売上アップさせる『黒字化計画』を構築しました。

黒字化計画は、従来の経営コンサルティングの指導要綱と一線を画した全く新しい経営指導形式です。
従来のコンサルタントが指導してきたのは、主に財務におけるコストカットですが、これだけでは如何に売上を高めるか?が解決されませんでした。
また一方、デザインの世界は、デザインには素人である経営者の「個人的な嗜好」を叶えるか、又はターゲットを想定せずに、デザイナーが「自分の価値観」で作り上げていたので、マーケティングの実現とは大きくかけ離れていました。

我々は従来の財務分析を応用し、且つ効果のあるデザインに繋げるために、左脳(従来のコンサルティング手法)と右脳(クリエイティブワーク)の中間に、「戦略」を置きました。

全ての行動は、目標を達成するためのツールとして展開されるのです。
この仕組みだからこそ、圧倒的な高度需要が終焉を迎えた昭和後期から、現在に至る大きな市場環境変化(パラダイムシフト)に対応できたのです。

ロジックに基づく事業改善、起業支援の驚くべき結果は「実績紹介」からご覧ください。また、私の考え方は「ヒントと学び」をご参照ください。

時代の変わり目に必要な人材

BOSSの座右の銘

世の中は常識外れが変えていく
日本史には様々な変革が記されています。

蘇我氏の横暴政権に終止符を打った大化の改新。字のごとく、大きく化ける(変える)。新しく改める。仏教の強権的施行を食い止め、日本伝統の司祭(天皇政権)を守った行為です。これにより地方豪族の独断を抑え、天皇を中心とした国づくりが進みました。
公家と平家の横暴を止めたのは源頼朝。武士政権を樹立し武士の権威が増しました。
中央政府が弱体化し、日本各地で下克上が行われた応仁の乱。この時、尾張から京都までの街道には70に及ぶ関所があり、商業の発達の妨げになっていました。関所は大名が置くだけでなく、有力社寺も僧兵を持ち関所を置いて金銀を巻き上げていました。この応仁の乱に終止符を打ち関所を撤廃して商業振興に大きな影響を与えたのが楽市楽座を実現した織田信長です。
時代は飛び、250年の鎖国による平安を保ってきた江戸幕府。その末期には幕府内幹部の横領が進み、世界からも取り残され、日本が本当の前進を求められていた頃に、尊王開国という新しい動きが江戸幕府に終焉を打ち、日本は文明開化と言われる大きな変革を実施しました。

今、ITという全く新しい機能が、人々の生活のあらゆる場所に入り込み、産業革命以来の大きな変革の波の中にいます。
第二次世界大戦終結から80年近く、日本の憲法は変わらず、政党政治も行き詰まりを見せています。

しかし、どの時代もそうでしたが、時代の常識人と言われる人々は守り、非常識と言われる者たちが攻め勝ち、非常識が常識に変わって「進歩」となりました。

我々は今、大きな変革の何の中にいます。この波を変えるのは旧態の考え方や構造ではありません。世の中は、新たな仕組みを求めています。常識外れと言われることを恐れず、正しい未来を創る行動を継続して参ります。

 

新着コンテンツ

以下のコンテンツから選択してください

実績紹介

以下のコンテンツから選択してください

ページトップ